英国「WIRE」レビュー
「Lucrezia/UP-TIGHT」

New full-length from the young Japanese trio Up-Tight, easily the most prolific and reliably outside psychedelic guitar group of the Japanese next wave. Lucrezia kicks off with “Song For Lucrezia”, a blasted take on the heavy gravity of early Spacemen 3 complete with hissing percussion, taut coils of acid guitar and the kind of prophetic, Father Yod-styled vocals that would signal the end of square civilisation. Judging from the lyrics, “Song For Lucrezia” (two versions of which bookend the set) is yet another instalment in their epic “Sweet Sister” song-cycle, with every new movement just a little more destroyed than the last. Some of the slower tracks have an arid, emotionally eviscerated feel to them that recalls Neil Young circa Zuma or Down By The River but vocalist Aoki sings with such devouring passion that even the most featureless of the group’s conceptions pulse with rivers of red blood.

日本の次の世代のサイケデリックギターグループのなかではもっとも多作で質の安定したアルバムを出す日本のトリオバンドUP-TIGHTの新しいフルアルバム。Lucrezia は "Song For Lucrezia”で始まる。初期のSpaceman 3のような重たい質感が広がっており、ヒスノイズのパーカッション、アシッドギターの緊迫した騒乱、そしてまともな文明社会の終焉の印であるかのようなある種の預言者のようなFather Yodスタイルのボーカルに満ちた曲である。歌詞から判断して“Song For Lucrezia” (2バージョンがアルバムには入っている)は、彼らのエピックソングである"Sweet Sister" のような曲であるが、"Sweet Sister"よりも少しだけより破壊的である。ゆっくりしたテンポの曲の中には乾き、感情を取り除いたような感じを与える曲もあり、それらは Neil Youngのような Zuma や Down By The River を思い起こさせる。ボーカルの青木は ゆさぶるような熱情をこめて歌っているが、それがバンドの赤い血の流れている脈拍のような概念の中では最も特色がないとさえいうことができる。

Close