英国「LOSING TODAY」レビュー
「Lucrezia/UP-TIGHT」

One to play at maximum volume so that you can soak up its molten magik. “Lucrezia” the third full length from Japanese sonic saboteurs Up-Tight is not for the feint hearted. A quick and dare we say blistering follow up to the bands recent “Five Psychedelic Pieces” album that found a worthy home on the hugely hip psyche imprint Static. Where that previous collection displayed a wilfully cleaner and westernised approach (just check out the P.I.L. like machinations of Long Goodbye) to rock per say that set the trio aside from their fellow countrymen (AMT, Ghost, GMFTPO et all) these five slabs of gruelling guitar hypnotics uncover the darker side of the ensembles personality to find them digging deep to drag the audience with them into the shadows of stoner psyche. The components of “FPP” are still intact except this time knocked up several notches in terms of intensity even the albums most touching cut, the harrowing Cool Eyes, belies an overpowering sense of heartbreaking desperation that seeps out of the speakers to wrap you making it all at once an uneasy and yet magnificent spectacle drowning in its own melancholia. Daydream believer (sadly not the destruction of the Monkees classic) draws an edgy monastic charm to itself to weave a hypnotic progressive rock mantras that have more in common with Levitation than say King Crimson. “Lucrezia” is toxic and fried, not so much difficult more brooding, admirably book-ended by perhaps the albums most volcanic moments the two-part Song for Lucrezia. The former a riotous concoction of ferociously locked down heavy bearing white noise stoner rock with Hendrix head trip mentality the latter, a brain bruising 22 minute epic that feasts on the kind of out there psychedelia and skin prickling tense denseness that even AMT would admire. Hi-Fi melting hysteria, a must.
MARK BARTON

最大ボリュームできくとその溶け出るマジックを受止めることができる。”Lucrezia”は日本の音の破壊者UP-TIGHTの3枚目のフルアルバムであるが少しも熱すぎることはない。簡単に言うと、非常にヒップでサイケなStaticからリリースされた最近の作品 “Five Psychedelic Pieces”に続いて聞く価値のある作品である。過去のより明確で西洋化されたアプローチ (長いお別れはPILの作品のようである)があるが、バンドは彼らの同胞であるAMT, Ghost, GMFTPO などと違い、収められた5曲はギターが催眠術のようにストーナーサイケの影の中にリスナーの人間性のより暗い部分を深く掘り出そうとしている。"Five Pyschedlic Pieces"の曲はいまだに完全ではあるが、今回は激しさの点ではいくつかの傷跡が見つけられる。アルバムの中の最も感傷的な”醒めた瞳”は心が破れる絶望感を上回るセンスをスピーカーから流し君を瞬く間に居心地の悪いけれども素晴らしいスペクタルなメランコリックな世界へといざなうであろう。Dayream believer (残念ながらモンキーズの曲とは違うが)は催眠術のようなプログレッシブロックの鋭い禁欲的な魅力を生み出しており、それはKing Crimsonより Levitationに近いものがある。“Lucrezia”は毒に満ちているが, 覆いかぶさるほどむずかしいものではない。このアルバムのもっとも激しい瞬間は本立てのようにはさんでいる2曲の Song for Lucreziaであろう。最初の曲は重い白人のノイズストーナーとHendrixのヘッドトリップが混じったような奔放な曲であるが、最後の曲はエピックソングとでもいうべき22分の曲でそこでサイケデリアとAMTでさえ賞賛するような肌を突き刺すような緊張がまじっている。ハイファイでヒステリア。必聴である。MARK BARTON 訳 よしの)

Close