英国Aquarius Records レビュー
「Lucrezia/UP-TIGHT」

Dark, heavy Japanese guitar psych!! We love it. If you do too -- we're talking bands like Fushitsusha, White Heaven, Kousokuya, Shizuka, and grandaddies of 'em all, the deservedly-legendary, decades-old Les Rallizes Denudes -- then this new release on the Alchemy label by Tokyo's Up-Tight comes highly recommended. We reviewed their US debut release, the aptly titled Five Psychedelic Pieces, just a few months back, and have been looking forward to this new album, a Japanese import, ever since. It doesn't disappoint. If anything, a lot of this has got an even heavier, dronier edge than what we heard on the last one. Super fuzzed guitars, sad ballads, grinding distorto epics. Not to be messed with. Along with that other great up-and-coming Tokyo psych outfit with an admittedly better name whom you probably also dig, LSD-march, these guys are the heirs to Les Rallizes' black-clad, acid-fried, downer dirge throne. Drop the (figurative, laser) needle on this and soon you'll be transported to the cloudy peak of their majestic solid rock night-black mountain, where maybe you'll find a guru willing to show you how to conquer your fears and walk on those clouds... Five tracks, four in the 8-10 minute range, culminating in a final 23 minute tour de force.

暗く重い日本のギターサイケ。僕らは大好きだ。君もそうかい。僕らは、不失者、ホワイトへブン、光束夜、静香、そして彼らの祖父に当たるといってもいい、伝説的な裸のラリーズのようなバンドのことを言っている。それであれば、このアルケミーから新しくリリースされたアップタイトは非常に推薦する。
僕らは彼らのアメリカデビュー盤ファイブ・サイケデリック・ピーシズを2,3ヶ月前にレビューをしたばかりであり、それ以来この発売を心待ちにしていた。これは後悔させない出来だ。この中の多くは前の作品より重く、ドローンになっている。スーパーファズギター、悲しいバラード、グラインドするディストーション。それらはぐちゃぐちゃにはなっていない。多分LSDマーチとともにアップタイトは、裸のラリーズの後継者といえるだろう。このCDを聞き出せば、君はすぐに偉大なるソリッドなロックの夜の暗い山の頂上に連れて行かれるだろう。そこで君は多分グルをみつけ、君にどうやって恐怖を克服し、それらと共に歩むかを教えられるだろう。5曲入り。4曲は8〜10分。クライマックスは23分の曲が収められている。(訳 よしの)

Close